投資

米5月消費者信頼感指数が景気後退の最終局面を示唆

コンファレンスボードが発表した米国5月消費者信頼感指数は86.6と、予想87.0を下回った。4月から上昇したものの、5月分は85.7と、速報値の86.9から下方修正された。現況指数の低下が全体指数を押し下げた。新型ウイルス感染拡大を回避する目的の経済封鎖で失業率の急増。労働市場や経済の見通しが急激に悪化し現況指数は71…
Source: ザイFX! 為替のとれたてニュース

LINE@友だち追加FX自動売買システム(EA) プレゼント中