投資

NY外為:もみ合い、中国は米国製品購入へ、タカ派ボルトン米大統領補佐官が解任される

NY外為市場ではもみ合いが続いた。米中貿易問題では、中国が米国製品を購入する準備があると報じられたためリスク選好の動きがいったん強まったが、トランプ米大統領がタカ派として知られるボルトン大統領補佐官を解任したとの報道で、政局不透明感からリスク選好の動きが一服。ただ、タカ派のボルトン大統領補佐官が解任…
Source: ザイFX! 為替のとれたてニュース

LINE@友だち追加FX自動売買システム(EA) プレゼント中