情報 ニュース

三浦翔平、ドラマ「M」のセリフに「どんなテンションで言えばいいんだよ…」

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」6月10日(水)のお客様は、話題のドラマ「M 愛すべき人がいて」の脚本を手がける鈴木おさむさんと、名プロデューサー“マックス・マサ”役を演じる三浦翔平さん。撮影を終えた白濱亜嵐さん(マサ直属の部下・流川翔役)も駆け付け、「M」トークを繰り広げました。ここでは、ドラマ撮影当時に感じていた不安や苦悩について話が進んでいきました。
Source: マイナビニュース エンタメ 芸能

LINE@友だち追加FX自動売買システム(EA) プレゼント中